野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:高校野球 > 地区大会


    履正社、さあストップ・ザ・桐蔭や 1イニング3発で決勝進出
    履正社、さあストップ・ザ・桐蔭や 1イニング3発で決勝進出  デイリースポーツ
    (出典:デイリースポーツ)



    (出典 www.hochi.co.jp)


    やはり、大阪桐蔭を止めたのは もう一つの横綱 履正社だった!!

    初回に先制し、3回には履正社の1年生 小深田大地の2ランで突き放した。

    夏の予選ではそれでも最終回に逆転をされた苦い経験が
    あって、最後まで油断は出来なかったですね。

    両校のライバル関係はこれでまた、パワーアップした
    気がします。

    というか、この敗戦で大阪桐蔭が
    さらに強くなりそう・・・(^^;)

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/14(日) 15:11:02.18

     「高校野球・秋季大阪大会決勝、履正社5-2大阪桐蔭」(14日、大阪シティ信用金庫スタジアム)

     履正社が大阪桐蔭を破り、5年ぶり5度目の優勝を果たした。

     大阪桐蔭には今夏の大阪大会準決勝で、1点リードの九回2死走者なしから逆転負けを喫していた。当時も出場し、悔しさを味わった主将・野口海音捕手(2年)らにとってはリベンジとなった。

     打線が序盤に集中力を見せた。初回は3番・小深田大地内野手(1年)の先制適時打など4安打を集めて3点を先制。三回には小深田が右翼席へ2ランを放った。

     16年秋季大阪大会準決勝での勝利を最後に、17年センバツ決勝から続いていた対大阪桐蔭の公式戦4連敗を止めた。小深田は「夏に負けているので、先輩の分も勝たないといけないと思っていた。今までで一番の当たりでした」と、会心の一発を振り返った。

     岡田龍生監督は「うちは夏の3年生の悔しさがあり、(夏も)出ていた野口にも悔しさがあったでしょう。桐蔭さんは『次、また』という気持ちで来るでしょうから、そういう意味では切磋琢磨できている」と、ライバル対決を振り返った。

     来春センバツ出場校選考の重要な参考資料となる秋季近畿大会(20日開幕、兵庫)への出場は決定済み。同大会では、準優勝した17年以来のセンバツ出場を目指して勝ち上がりを狙う。


    2018.10.14.
    https://www.daily.co.jp/baseball/2018/10/14/0011730824.shtml


    【【頂上決戦】高校野球 横綱対決 履正社が大阪桐蔭の連勝を36で止めた!!! 事実上の日本一決戦! 】の続きを読む


    履正社—大阪桐蔭戦のスタメン発表 履正社は植木、大阪桐蔭は新井が先発
    履正社—大阪桐蔭戦のスタメン発表 履正社は植木、大阪桐蔭は新井が先発  BIGLOBEニュース
    (出典:BIGLOBEニュース)



    (出典 www.asahicom.jp)


    3年生が抜けても、力が全く衰えない大阪桐蔭。
    とくに3番西野、4番船曳の1年生コンビは、すでに怪物クラスです。

    ただ、履正社も常にギリギリのところまで大阪桐蔭を追い詰めている訳で・・・、この2校の戦いは、事実上、全国大会決勝ともいえます。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/13(土) 19:07:03.27

    ◆秋季大阪府大会 ▽準決勝 大阪桐蔭7―1大阪偕星学園(13日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

     来春センバツで史上初の3連覇と3季連続の甲子園優勝を目指す大阪桐蔭が大阪偕星学園に14安打7得点で快勝し、近畿大会(20日開幕・ほっと神戸)出場を決めた。新井雅之(2年)が1失点で今大会チーム初完投を飾った。2018年の無敗を継続し、公式戦の連勝を36、府内での連勝を44に伸ばした。14日の決勝(シティ信金スタ)で、昨春センバツ決勝を戦った履正社と対戦する。

     大阪桐蔭は2回、柳本直輝左翼手(2年)の中前適時打で先制。3回は西浦喬太郎二塁手(2年)の適時二塁打、榎木貫太遊撃手(2年)の左前タイムリー、柳本の左前適時打で3点を追加した。5回は宮本涼太中堅手(2年)の適時三塁打、7回は西野力矢一塁手(1年)の2点二塁打で加点した。

    2018年10月13日15時9分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20181013-OHT1T50240.html


    【【注目】大阪桐蔭 14日履正社との横綱対決!! 西野・船曳の1年生クリーンアップが履正社を打ち砕くか】の続きを読む


    【高校野球秋季県大会】及川が13K! 横浜がライバル対決制す
    【高校野球秋季県大会】及川が13K! 横浜がライバル対決制す  カナロコ(神奈川新聞)
    (出典:カナロコ(神奈川新聞))



    (出典 fun-fun-science.com)


    1試合1試合、進化を続ける高校生No.1左腕!!

    最速152キロのストレートも素晴らしいが、変化球を低めに集められる投球術も高校生離れしています。

    1 名無しさん@実況は実況板で :2018/05/09(水) 21:39:53.19

    横浜・及川、最速149キロ 昨秋敗戦バネに大きく
    http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201804160000120.html

    前スレ
    【横浜高校】及川雅貴【スーパー1年生左腕】
    http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/hsb/1502117571/


    【【動画・圧巻!】横浜高 及川雅貴 強豪 東海大相模から13奪三振の快投!!】の続きを読む


    岩手で菊池雄星、大谷翔平を超える“朗希フィーバー”
    岩手で菊池雄星、大谷翔平を超える“朗希フィーバー”  週刊ベースボールONLINE
    (出典:週刊ベースボールONLINE)



    (出典 dot.asahi.com)


    2018 大船渡 佐々木朗希

    (出典 Youtube)


    大谷翔平、菊池雄星を超えるフィーバーぶりだとか。
    まだ2年生なのに・・・!

    確かに生で観たいよな。

    ただ今日166球投げて、明日も連投だという・・・・。
    頼むから潰れないでくれ・・・(T_T)

    1 名無しさん@実況は実況板で :2018/09/03(月) 20:13:25.02

    過去スレ
    岩手県大船渡高校 怪物(実質1)
    http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/hsb/1525471139/
    【大船渡旋風】大船渡高校・佐々木朗希【大谷翔平の再来】(実質2)
    http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/hsb/1531319987/


    【【動画・注目!】最速157キロ 高校生 佐々木朗希フィーバーがすごい! 地方大会開門前に200人待ち!】の続きを読む


    大船渡・佐々木15K 最速154キロ!阪神・葛西スカウト絶賛「160キロ出る」
    大船渡・佐々木15K 最速154キロ!阪神・葛西スカウト絶賛「160キロ出る」  デイリースポーツ
    (出典:デイリースポーツ)



    (出典 www.iwate-np.co.jp)


    2018 大船渡 佐々木朗希

    (出典 Youtube)


    圧巻の投球とはまさにこのこと。
    来年のセンバツへ一直線!!

    来年は甲子園で160キロが観れるかもしれません。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/20(木) 06:15:03.09

    ◆高校野球秋季岩手県大会 ▽準々決勝 大船渡4―1黒沢尻北(19日・八幡平)

    来秋ドラフト1位候補右腕で、最速157キロを誇る大船渡の佐々木朗希(ろうき)投手(2年)が、3安打1失点(自責0)で3試合連続完投勝利。
    3回2死から7者連続を含む15奪三振で、チームを4強入りへ導いた。
    157キロをマークした1回戦から4日間で3登板と過密日程だったが「気迫で抑えようと思っていた」と振り返った。

    圧倒した。初回先頭の初球から、2球続けて150キロの表示。
    「スピード表示で相手にプレッシャーをかける事が出来る。自分としてはプラスにとらえたい」。
    この日の最速は、7回にマークした154キロ。直球にも球速差をつけて的を絞らせず、クイックも使ってタイミングを外した。
    今夏に使ったフォークを封印しながら、スライダーとチェンジアップを巧みに操り「ピンチでは三振を狙っていた」と胸を張った。

    キレのある快速球が自慢だが、投球は全てセットポジションから。
    胸元まで左足を高く上げ、ややクロスステップで投げ込む躍動感のあるフォームだ。
    189センチ、81キロと、まだ線は細いが、阪神・葛西スカウトは「将来は160キロ出そう。もっともっと良くなる素質を持っている」と評価した。

    22日の準決勝では盛岡大付と対戦する。上位3校が出場する東北大会(秋田)へ向け、負けられない戦いだ。
    右腕は「必ず倒して甲子園へ行きたい」と気合を入れ直した。来春センバツ出場を目指し、一戦必勝で戦い抜く。

    ◆佐々木 朗希(ささき・ろうき)2001年11月3日、岩手・陸前高田市生まれ。16歳。小3で野球を始める。
    11年の東日本大震災で被災し、大船渡に移住。大船渡一中では軟式野球部に所属。
    大船渡では1年夏からベンチ入り、今秋から背番号1。189センチ、81キロ。右投右打。家族は母と兄、弟。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000025-sph-base
    9/20(木) 6:06配信


    【【動画・圧巻!】最速157キロ右腕 大船渡 佐々木朗希 15奪三振!完投】の続きを読む

    このページのトップヘ