野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > 中日ドラゴンズ


    中日根尾が初のフリー打撃 鋭い当たりを連発 - 日刊スポーツ
    中日のドラフト1位根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が20日、ナゴヤ球場の室内練習場で初のフリー打撃を行った。スイングスピードが速く、鋭い当たりを連発。強襲の打球…
    (出典:日刊スポーツ)


    根尾 昂(ねお あきら、2000年4月19日 - )は、岐阜県飛騨市出身のプロ野球選手(内野手)。中日ドラゴンズ所属。右投左打。 飛騨市立河合小学校2年時に「古川西クラブ」に入団し野球を始める。主に投手と三塁手を務め、ドラゴンズジュニアにも選抜された。飛騨市立古川中学校時代は「飛騨高山ボーイズ」に
    6キロバイト (670 語) - 2019年1月18日 (金) 13:37



    (出典 portal.st-img.jp)


    スイングスピードが速く、鋭い当たりを連発。強襲の打球を避けようと、打撃投手が思わずマウンドに倒れこむ場面もあった。

    すでに新人合同自主トレは終了し、2年目以降の選手との合同自主トレに参加中。

    キャンプに向けての調整は順調だ。根尾は自らの打撃について「左中間、右中間に強いライナーを打っていくようなタイプ」と話していた。初のフリー打撃で、期待はさらに高まった。

    1 風吹けば名無し :2019/01/20(日) 13:38:24.46

    中日のドラフト1位根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が20日、ナゴヤ球場の室内練習場で初のフリー打撃を行った。

    スイングスピードが速く、鋭い当たりを連発。強襲の打球を避けようと、打撃投手が思わずマウンドに倒れこむ場面もあった。

    すでに新人合同自主トレは終了し、2年目以降の選手との合同自主トレに参加中。キャンプに向けての調整は順調だ。根尾は自らの打撃について「左中間、右中間に強いライナーを打っていくようなタイプ」と話していた。初のフリー打撃で、期待はさらに高まった。


    【【速報・野球】中日・根尾昂 初のフリー打撃! 鋭い当たりを連発☆】の続きを読む


    中日・根尾選手「もっとできると思ってた…ショック」 視覚機能検査で“再戦”希望 ナゴヤ球場(東海テレビ) - Yahoo!ニュース
    合同自主トレ中のドラゴンズの若手選手たちが、2月から始まる春季キャンプ前に、1.
    (出典:Yahoo!ニュース)


    根尾 昂(ねお あきら、2000年4月19日 - )は、岐阜県飛騨市出身のプロ野球選手(内野手)。中日ドラゴンズ所属。右投左打。 飛騨市立河合小学校2年時に「古川西クラブ」に入団し野球を始める。主に投手と三塁手を務め、ドラゴンズジュニアにも選抜された。飛騨市立古川中学校時代は「飛騨高山ボーイズ」に
    6キロバイト (670 語) - 2019年1月18日 (金) 13:37



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    動体視力など9項目を調べた。「アキュビジョン」と呼ばれる機器を使った検査では、パネル上にランダムに120回点滅するランプにタッチした回数を測定し、目と手の協調性を見極めた。

    福留孝介選手(現阪神)が100回以上を計測した項目で、
    ドラフト1位の根尾昂内野手は56回。。。

    「もっといけると思っていたのでショック」と苦笑い。視界をクリアにして活躍を目指す

    【【悲報・野球】中日ドラ1・根尾昂 ひどい視覚機能検査結果・・・「もう一回やりたい」】の続きを読む


    中日新助っ人ロメロがWL最終登板で快投 地元紙絶賛「またしても素晴らしい投球」 - Full-Count
    中日の新助っ人エンニー・ロメロ投手が、ドミニカのウインターリーグでの最終登板を6回2安打8奪三振、無失点の活躍を見せた。母国ドミニカ共和国の地元紙もロメロの快投 ...
    (出典:Full-Count)


    エニー・ロメロ (エンニーロメロからのリダイレクト)
    エンニーロメロ Enny Romero中日ドラゴンズ #70 ナショナルズ時代 基本情報国籍 ドミニカ共和国出身地 首都地区サントドミンゴ生年月日 (1991-01-24) 1991年1月24日(27歳)身長 体重 6' 3" =約190.5 cm 210 lb =約95.3 kg選手情報投球・打席
    16キロバイト (1,597 語) - 2019年1月3日 (木) 10:19



    (出典 i.ytimg.com)


    新外国人左腕が、キャンプ序盤で実戦デビューする。中日エンニー・ロメロ投手(27=ロイヤルズ)が、2月3、4日の紅白戦で初登板する可能性が高まった。

    ロメロは10月からドミニカのウインターリーグに参戦。11試合に登板(10試合先発)し、2勝1敗ながら54回を投げ、54奪三振、防御率1・33の好成績を残した。

    1 風吹けば名無し :2019/01/16(水) 16:49:18.81

     中日の新助っ人エンニー・ロメロ投手が、ドミニカのウインターリーグでの最終登板を6回2安打8奪三振、無失点の活躍を見せた。母国ドミニカ共和国の地元紙もロメロの快投を伝えている。

    【動画】中日期待の新助っ人ロメロは剛腕左腕…“武器”は160キロ超の剛速球!

     レオネス・デル・エスコヒードに所属するロメロはティグレス・デル・リセイ戦に先発し6回2安打8奪三振、無失点の快投でチームを7-0の勝利に導いた。
    レギュラーシーズンでは11試合に登板し2勝1敗、リーグトップの防御率1.33と大活躍。さらにプレーオフでも4試合に登板し1勝1敗、防御率1.23と好投を続けていた。

     当初はレギュラーシーズンだけのプレー予定だったが、中日側からプレーオフでの登板が許可され“残留”し好投を続けていた。
    母国ドミニカ共和国の地元紙「リスティン・ディアリオ」もロメロの活躍に「またしても素晴らしい投球をし、別れを告げる」とラスト登板を伝えている。

     オフ期間中も実戦の中で結果を残してきた新助っ人は日本でどのような投球を見せるのか。2月から始まる春季キャンプでの投球にも注目が集まりそうだ。


    【【朗報・野球】中日・新助っ人ロメロがWL最終登板で快投 地元紙絶賛「またしても素晴らしい投球」】の続きを読む


    【中日】高橋が主将に就任へ 与田監督「引っ張って欲しい」 - スポーツ報知
    中日・与田剛監督(53)は16日、今季から高橋周平内野手(24)にキャプテンを託す考えを明かした。昨秋から構想を温めており、前日(15日)のスタッフ会議で正式に決まっ ...
    (出典:スポーツ報知)


    高橋 周平(たかはし しゅうへい、1994年1月18日 - )は、神奈川県藤沢市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。 善行小1年時から野球を始め、投手としてプレー。善行中時代から湘南クラブボーイズで野手としてプレーし、中学2年時に日本一、ジャイアンツカップ準優勝を経験。また、
    19キロバイト (1,979 語) - 2018年12月21日 (金) 06:05



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    与田剛監督は16日、今季から高橋周平内野手にキャプテンを託す考えを明かした。

    昨秋から構想を温めており、スタッフ会議で正式に決まった。

    「昨年の秋のキャンプを見ても、いい表情で練習に取り組んでいた。チームを引っ張っていって欲しい」と願いを込めた。

    1 風吹けば名無し :2019/01/16(水) 15:36:36.75

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000060-sph-base
    【中日】高橋が主将に就任へ 与田監督「引っ張って欲しい」


    【【抜擢・野球】中日・高橋周平が主将に就任へ 与田監督「引っ張って欲しい」】の続きを読む


    松坂 平成最後の開幕投手ある!? - 東スポWeb
    昨季6勝を挙げてカムバック賞を受賞した中日・松坂大輔投手(38)が今季の開幕投手候補に浮上した。 与田剛監督(53)が14日、平成最後の開幕投手を“平成の怪物”が ...
    (出典:東スポWeb)


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 青森県青森市生まれ、東京都江東区育ち。父は北海道稚内市出身で、母は青森県東津軽郡蟹田町(現在の外ヶ浜町)出身。弟・松坂恭平は愛媛マンダリン
    121キロバイト (14,820 語) - 2019年1月14日 (月) 22:11



    (出典 www.sankei.com)


    開幕戦は決して143分の1ではないですよね。

    独特の雰囲気この中、すごいプレッシャー。
    第一球目の高揚感!

    先発投手にとって、最高の舞台と言えます。

    あるんですかね、
    松坂大輔、14年ぶりの開幕投手☆

    1 風吹けば名無し :2019/01/15(火) 12:50:34.17

    https://www.google.co.jp/amp/s/hochi.news/amp/baseball/npb/20190114-OHT1T50273.html

    「平成の怪物」が平成最後の開幕投手を務める可能性が出てきた。中日・与田剛監督(53)は14日、松坂大輔投手(38)が3月29日の開幕DeNA戦の先発の有力候補であることを「もちろん」と明言した。
    メジャーでもレッドソックス時代の08年に1度経験しているが、大役に抜てきされれば、日本では西武時代の2005年3月26日のオリックス戦(インボイス)以来、14年ぶり。日米通算8度目となる。


    【【抜擢・野球】中日・松坂大輔 開幕投手ある! 14年ぶりの大役へ最高の仕上がりを目指す☆】の続きを読む

    このページのトップヘ