野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > 中日ドラゴンズ


    中日R・マルティネス「自分の仕事を」目の前に集中 - BIGLOBEニュース
    オープン戦:中日4-1オリックス>◇19日◇ナゴヤドームオープン戦初登板の中日ライデル・マルティネス投手が9回に登板し、2奪三振無失点の好投を見せた。最速15…
    (出典:BIGLOBEニュース)


    ライデル・マルティネス・ペレス(Raidel Martinez Perez、1996年10月11日 - )は、キューバ共和国出身の野球選手(投手)。右投左打。ベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオ所属。オフは日本プロ野球・中日ドラゴンズ所属。中日での登録名はチームに同姓のアリエル・マルティネスがいることから「R
    5キロバイト (373 語) - 2019年3月19日 (火) 18:32



    (出典 i.daily.jp)


    好調のオリックス上位打線にキューバの剛腕が立ちはだかった。

    3点リードの9回。中日のR・マルティネスは先頭の西浦を155キロの速球で空振り三振に打ち取ると、メネセスも155キロの速球で見逃し三振に抑えた。

    最後は主砲の吉田正を155キロで追い込み、フォークを打たせて遊ゴロ。

    「今年はウェートをしっかりやってきた成果だと思うよ」。“来日初セーブ”を挙げ、胸を張った。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/20(水) 06:30:32.64

    ◆オープン戦 中日4―1オリックス(19日・ナゴヤドーム)

    好調のオリックス上位打線にキューバの剛腕が立ちはだかった。
    3点リードの9回。中日のR・マルティネスは先頭の西浦を155キロの速球で空振り三振に打ち取ると、メネセスも155キロの速球で見逃し三振に抑えた。
    最後は主砲の吉田正を155キロで追い込み、フォークを打たせて遊ゴロ。
    「今年はウェートをしっかりやってきた成果だと思うよ」。“来日初セーブ”を挙げ、胸を張った。

    14球のうち11球が直球で全て150キロ超。最速156キロをマークした。
    与田監督は「素晴らしい投球。チーム全体で戦っていく中でこういう戦力が出てくるのは心強い」と手放しで絶賛。
    外国人枠の都合で開幕1軍は厳しいとみられていたが、少なくとも先発左腕のロメロを登録する
    4月4日の広島戦(ナゴヤD)までの5試合は、秘密兵器としてブルペンに配置する可能性が高まった。

    キューバ代表としてカリビアンシリーズに出場していたため、キャンプに合流したのは2月20日。
    2軍調整を経て1軍に上がり、満を持して迎えたオープン戦初登板でいきなり剛腕をうならせた。
    「それ(1、2軍)を考えず、自分の仕事をすることを心がけている。ベストを尽くし、いい投球ができるように準備していきたい」と、短く刈り込んだ頭をさすったマルティネス。
    新戦力のめぼしい台頭がなかった開幕の陣容に、ようやく期待の星が現れた。(表 洋介)

    ◆ライデル・マルティネス(Raidel Martinez)1996年10月11日、キューバ共和国生まれ。22歳。
    17年2月に国内リーグのピナル・デル・リオから育成選手として中日入り。
    昨年4月に支配下に昇格した。昨季は先発、中継ぎと7試合に登板し、1勝3敗、防御率6・65。193センチ、93キロ。右投左打。年俸1000万円。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000253-sph-base
    3/20(水) 6:04配信


    【【野球】中日・マルティネスが凄い! 156キロ直球に鬼フォーク 救援秘密兵器に名乗り】の続きを読む


    笠原 祥太郎(かさはら しょうたろう、1995年3月17日 - )は、新潟県新潟市秋葉区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。名前の「祥」は正確には示へんを崩さずに「祥」と書く。 小学校2年生の時に、姉からキャッチボールに誘われたことをきっかけに、野球に興味を持ち、地元の少年ス
    11キロバイト (1,401 語) - 2019年3月17日 (日) 13:14



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    中日与田剛監督(53)が19日、今季の開幕投手に3年目左腕の笠原祥太郎投手(24)を指名したことを明かした。

    15日に本人に通達。「直接、伝えました。今年だけじゃなく、若い力で今後も引っ張ってほしい存在だから。チームにとって、開幕投手はそういう人たち」。

    3月上旬にはある程度、方向性を固めていた。笠原は期待に応えるように、2日のロッテ戦からオープン戦3戦連続で無失点投球を見せた。

    与田監督も「3試合連続でいい結果を出すとは思わなかった」とうれしい誤算で決意は揺るぎないものとなった。

    4 風吹けば名無し :2019/03/19(火) 11:07:17.77

    与田監督「開幕笠原が将来の柱」 「財産になる試合与えたい」


    【【野球】中日・笠原 開幕投手決定! 与田監督が本人へ通達】の続きを読む


    根尾、開幕1軍ならず まずは2軍でじっくり鍛える - 中日スポーツ
    中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が、開幕1軍メンバーには入らないことが決定的となった。17日、ウエスタン・リーグのオリックス戦(ナゴヤ球場)に ...
    (出典:中日スポーツ)


    根尾 (ねお あきら、2000年4月19日 - )は、岐阜県飛騨市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。 飛騨市立河合小学校2年時に「古川西クラブ」に入団し野球を始める。主に投手と三塁手を務め、ドラゴンズジュニアにも選抜された。飛騨市立古川中学校時代は「飛騨高山ボーイズ」に所
    9キロバイト (1,000 語) - 2019年3月18日 (月) 14:25



    (出典 www.chunichi.co.jp)


    3/14根尾昂の全打席

    (出典 Youtube)


    中日のドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)の開幕2軍が決定的となった。19日からのウエスタン・リーグ、阪神戦(鳴尾浜)に向けて18日に大阪に移動。

    今週は同戦3試合、23、24日の巨人との2軍交流戦(ジャイアンツ球場)2試合に出場することが決定している。

    1軍は開幕前最後のオープン戦6連戦をナゴヤドームで行う。与田監督は「6連戦は本番のつもりでいく」と話しており、開幕は2軍で迎える公算だ。

    1月下旬に右ふくらはぎの肉離れを負った根尾は、今春キャンプは2軍での別メニュー調整が続いた。今月9日の実戦デビュー後、オープン戦や2軍を合わせた実戦8試合で26打数3安打、打率・115。半数を占める13三振が目立っている。

     それでも首脳陣は大きく育てる方針。森野2軍打撃コーチは「三振は全然気にしない。当てにいく打撃だけはしてほしくない。今のチームにあれだけ振れる選手はいない」と強調。

    今後も空振りを恐れずフルスイングを貫く姿勢を求めた。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/18(月) 03:14:05.00

    <ウエスタン・リーグ:中日4-1オリックス>◇17日◇ナゴヤ

    中日ドラフト1位根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)の1軍再合流が微妙になった。
    ウエスタン・リーグ、オリックス戦(ナゴヤ)に出場し、4打数1安打2三振。
    開幕3連戦の成績は14打数2安打8三振になった。
    19日からのオープン戦6連戦での昇格について、与田監督は「もうただの様子見の時期じゃない。開幕への準備をする6試合。中途半端なことはできない」と否定的な見解を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-03170704-nksports-base
    3/18(月) 1:18配信


    中日 根尾昂新応援歌


    【【野球】中日・根尾 26打数13三振 開幕2軍へ 森野コーチ「全然気にしない」】の続きを読む


    根尾 昂(ねお あきら、2000年4月19日 - )は、岐阜県飛騨市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。 飛騨市立河合小学校2年時に「古川西クラブ」に入団し野球を始める。主に投手と三塁手を務め、ドラゴンズジュニアにも選抜された。飛騨市立古川中学校時代は「飛騨高山ボーイズ」に所
    9キロバイト (1,000 語) - 2019年3月16日 (土) 01:48



    (出典 pbs.twimg.com)


    中日ドラフト1位の根尾(大阪桐蔭高)が17日、ウエスタン・リーグのオリックス戦(ナゴヤ)で2試合連続安打をマークした。

    「1番・遊撃」で先発出場。8回無死2塁の第4打席で青山の初球、141キロの速球を右前にはじきかえして無死1、3塁と好機を広げた。

    第3打席までは先発のK-鈴木と対戦し、捕ゴロと2打席連続三振に倒れていた。

    229 代打名無し@実況は野球ch板で :2019/03/17(日) 12:50:14.50

    根尾大一打席
    初球2球ストレートに空振り
    1球ボールを挟み
    1-2後ネット裏にファール
    その後キャッチャーゴロ

    うーんやっぱ厳しいな
    一瞬で追い込まれるから勝負になってないね


    【【野球】中日・根尾 2試合連続安打 1番・遊撃で先発出場】の続きを読む


    笠原 祥太郎(かさはら しょうたろう、1995年3月17日 - )は、新潟県新潟市秋葉区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。名前の「祥」は正確には示へんを崩さずに「祥」と書く。 小学校2年生の時に、姉からキャッチボールに誘われたことをきっかけに、野球に興味を持ち、地元の少年ス
    11キロバイト (1,401 語) - 2019年3月10日 (日) 12:20



    (出典 baseballgate.jp)


    3年目の中日笠原祥太郎投手(24)が、初の開幕投手を決定づけた。

    楽天戦(静岡)で先発し、3回1安打無失点。
    「今日は逆球も多く、カーブ、チェンジアップも浮いていた」と語ったように高めに浮くシーンもあった中で、球速110キロ未満のカーブや宝刀チェンジアップを要所で決めた。三振も5つ奪った。

    「緩急で抑えられて良かった。(シーズン中も)こんな流れで試合に入っていければ」と満足げに振り返った。

    与田監督は開幕投手について「時が来たらお話しします」と明言しなかったが、笠原は3試合連続無失点で、連続無失点イニングも13回2/3に。与田竜の開幕投手を託されることが決定的になった。

    阿波野投手コーチが「今回は(開幕までの)最後の屋外球場での試合だったから。次はナゴヤドームで調整する」と語るなど、この日のマウンドも横浜スタジアムで行われる29日DeNA戦を見据えていることをうかがわせる。次回は22日の楽天とのオープン戦(ナゴヤドーム)で最終調整し、中6日で大舞台に向かうことになる。

    笠原は「まだ言われてないので。(言われたら)意識せず、143試合の1試合として投げたい」。与田竜の戦いの先陣に、若き左腕が立つ。

    1 風吹けば名無し :2019/03/17(日) 00:32:46.40

    笠原

    吉見

    すでに3人も埋まってる模様


    【【野球】中日・笠原 初の開幕投手決定的!3試合連続無失点中】の続きを読む

    このページのトップヘ