野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > 中日ドラゴンズ


    中日・松坂にカムバック賞 プロ野球の特別表彰 今季6勝4敗
    中日・松坂にカムバック賞 プロ野球の特別表彰 今季6勝4敗  産経ニュース
    (出典:産経ニュース)


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 青森県青森市生まれ、東京都江東区育ち。父は北海道稚内市出身で、母は青森県東津軽郡蟹田町(現在の外ヶ浜町)出身。弟・松坂恭平は愛媛マンダリン
    120キロバイト (14,723 語) - 2018年11月12日 (月) 14:17



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    松坂カムバック賞ですね、
    妥当だと思います。

    カムバック賞って、他の賞と異なり、苦しい時期があることが前提の表彰なので、何か特別な感情が芽生えます・・・☆

    でもここがゴールではなく、
    来年、さらに活躍できるよう
    しっかり調整してもらいたいですね。

    1 風吹けば名無し :2018/11/12(月) 18:46:10.65

    https://twitter.com/npb/status/1061917860237238274?s=21
    (deleted an unsolicited ad)


    【【速報】中日 松坂大輔 カムバック賞! 怪我とリハビリを経て復活 来季もローテ守る☆】の続きを読む


    【ドラフト】中日3位 勝野昌慶(三菱重工名古屋) 強気に攻める高卒3年目152キロ右腕/プロ野球ドラフト会議
    【ドラフト】中日3位 勝野昌慶(三菱重工名古屋) 強気に攻める高卒3年目152キロ右腕/プロ野球ドラフト会議  週刊ベースボールONLINE
    (出典:週刊ベースボールONLINE)


    新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 根尾昂 内野手 大阪桐蔭高 入団 2位 梅津晃大 投手 東洋大学 入団 3位 勝野昌慶 投手 三菱重工名古屋 4位 石橋康太 捕手 関東第一高 入団 5位 垣越建伸 投手 山梨学院高 入団 6位 滝野要 外野手 大阪商業大学 入団
    21キロバイト (907 語) - 2018年11月11日 (日) 11:18



    (出典 win38.net)


    常時140キロ中盤から後半のストレートをコースに投げてくる、レベルが高いですね。

    球数を投げても球速が落ちずに、体力もあるので、早いうちに、先発で使うと思いますよ!

    順調にオフを過ごしてくれれば、キャンプやオープン戦で試せそうです☆

    1 風吹けば名無し :2018/11/11(日) 20:03:59.43

    9回でも145キロは出る


    【【快投】中日 ドラフト3位 勝野昌慶投手 社会人日本選手権 チームを決勝に導く完封勝利☆】の続きを読む


    松坂、背番号「18」へ エースナンバーにこだわり
    松坂、背番号「18」へ エースナンバーにこだわり  47NEWS
    (出典:47NEWS)


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 青森県青森市生まれ、東京都江東区育ち。父は北海道稚内市出身で、母は青森県東津軽郡蟹田町(現在の外ヶ浜町)出身。弟・松坂恭平は愛媛マンダリン
    120キロバイト (14,715 語) - 2018年11月11日 (日) 21:13



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    苦しんだソフトバンク時代。
    違和感が発生するんじゃないかと、見ている方も、ビクビクしていた気がします。

    今年はそれが本当に無かった。
    不安定な投球の日もあったが、
    常に堂々としており、表情はかつて日本のエースであった松坂大輔そのものであった。

    来季はプロ野球人生のほとんどで背負い続けてきた、エースNo.18で勝負する。

    大丈夫!
    心さえ戻ってきたら、松坂は勝てるピッチャーだから。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/12(月) 06:19:22.77

     中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から、エースナンバーの「18」に変更されることが11日、分かった。松坂は1999年の西武入団時からつけた番号に強いこだわりを持ち続けていたが、球団サイドも2019年シーズンに、さらなる期待を込めて背番号変更を了承した。

     完全復活へ、松坂の夢がかなった。中日にテスト入団した今季は背番号「99」を背負って11試合に登板し、6勝4敗、防御率3・74。ガルシア(13勝)に次いでチーム2位の勝ち星を挙げた。

     「今年の成績に満足していない。来年は中5、6日のペースで投げたい」

     現在、日米通算170勝。来季は2桁勝利を挙げて、200勝への足がかりとしたい-。そんな夢を膨らませる松坂の新たなモチベーションとなるのが、背番号「18」への変更だ。

     球団との来季の契約更改交渉で、年俸1500万円から8500万円増の1億円(営業査定を含む)で合意。その交渉の中で、背番号「18」への変更を打診されていた。

     今季「18」を背負った鈴木翔太投手も未勝利に終わったことで心機一転、新しい背番号で出直すことが決定。米大リーグから日本球界に復帰したソフトバンクで2015~17年につけて以来2年ぶりに「18」を背負うことへの障害はなくなった。

     松坂は日本代表でも、シドニー、アテネの両五輪と、第1回、第2回のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で「18」の背番号のユニホームを着るなど、こだわりがあった。

     「99の9と9を足したら18になるでしょ」。そんなジョークも飛ばしていた松坂が19年シーズンは、念願だった「18」を付けてナゴヤドームのマウンドに上がる。


    2018.11.12 05:03
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181112/dra18111205030002-n1.html


    【【復活】中日 松坂大輔 エースNo.復活!来季より背番号『18番』で完全復活☆】の続きを読む


    竜2位指名の東洋大・梅津が仮契約 契約金「まずは母の入院代」
    竜2位指名の東洋大・梅津が仮契約 契約金「まずは母の入院代」  中日スポーツ
    (出典:中日スポーツ)


    梅津 (うめつ こうだい、1996年10月24日 - )は、福島県福島市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。好きな言葉は「お陰様で」 福島県福島市生まれ。小学2年生から南小泉メッツに所属し、野球を始める。仙台育英秀光中時代は2,3年時に全国大会に出場した。
    5キロバイト (517 語) - 2018年11月10日 (土) 13:42



    (出典 www.chunichi.co.jp)


    ドラフトで指名された我が子

    これまでの努力が実った瞬間である。

    一緒に喜びを分かち合いたかったであろう母親は、
    脳出血で倒れて、入院していた。

    契約金はすべて母の為。
    自分で欲しいものはない。

    とまで言い切った22歳の若者は、
    誰よりも絶対に成功をするという強い気持ちをもってプロの門をくぐる。

    1 風吹けば名無し :2018/10/28(日) 10:04:51.16

    柳にすら及ばなくて草生える
    素材型大卒とか良くて戸村じゃん…


    【【動画・ドラフト情報】中日 ドラフト2位 梅津晃大投手 契約金は倒れた母の入院代・・・ 絶対にプロで成功をする!!強い決意☆ 】の続きを読む


    【中日】田島、チーム初の保留…提示額1億の大台から陥落か 会見も応じず
    【中日】田島、チーム初の保留…提示額1億の大台から陥落か 会見も応じず  スポーツ報知
    (出典:スポーツ報知)


    田島 慎二(たじま しんじ、1989年12月21日 - )は、愛知県名古屋市瑞穂区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 小学4年生時に、少年野球チームドジャースに入団。捕手として野球を始める。中学時は軟式の瑞穂ブルーウイングスに所属し、ここでも捕手だった。
    17キロバイト (2,014 語) - 2018年10月14日 (日) 06:00



    (出典 baseballgate.jp)


    会見場の空っぽの画像は、
    かなり悲しいものがありますね・・・。

    確かに、今年1年中日はストッパーに苦しみました。

    もちろん田島には、その役割を担ってほしい球団の気持ちが有り、それに応えることが出来なかったことは田島自身もわかっているとは思います。

    来季、田島ここにあり!という姿を見せて欲しいですね。

    1 ひかり ★ :2018/11/11(日) 18:50:29.14

     中日の田島慎二投手(28)が11日、ナゴヤ球場に隣接する選手寮で契約更改交渉に臨んだが、サインをしなかった。今季のチーム保留第1号。

     今季はチーム内で日本人投手唯一の1億円プレーヤー(1億1000万円)だったが、大台を超えるダウン提示を受けたとみられる。交渉後の会見にも
    応じなかった。広報を通して「今年の自分の成績で、チームに迷惑をかけたと承知している。昨年は事前交渉がありましたが、今年は時間がなく、
    きょうが最初の交渉となり、初めて聞いた話もあった。きょういただいた査定ポイントを持ち帰り、熟慮して次回交渉に臨みたい」とコメントした。

     田島は昨季、リーグ2位の34セーブを挙げ、今季も当初はクローザーとして15セーブを挙げた。だが、6月下旬に2登板連続で大量点を奪われて
    自身2連敗すると、抑えの座から陥落。以降はほとんど2軍暮らしだった。

     また、亀沢恭平内野手(30)は現状維持の2600万円で更改。10月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた丸山泰資投手(23)は
    150万円減の600万円でサインし、背番号が「28」から「69」に変更されることが決まった。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000170-sph-base
    契約更改を保留した田島は、会見場に姿を見せなかった

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【悲痛】中日 田島慎二 大幅な減額に契約保留&会見拒否 ストッパーとしての役割果たせず・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ