野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > 阪神タイガース


    阪神1位近本が好守披露「強い送球」矢野監督評価◎ - 日刊スポーツ
    開幕2番に決定した阪神ドラフト1位近本光司外野手(24=大阪ガス)が好守を見せた。6回無死一塁。大和の中前打を捕り、一塁走者山本が三塁を狙うのを見ると、鋭い送…
    (出典:日刊スポーツ)


    近本 光司(ちかもと こうじ、1994年11月9日 - )は、阪神タイガースに所属する兵庫県淡路市久留麻出身のプロ野球選手(外野手)。左投左打。 淡路市立学習小学校2年時に軟式野球チームの「仮屋クラブ」に入団し野球を始める。淡路市立東浦中学校時代は同校の軟式野球部に所属。
    10キロバイト (1,152 語) - 2019年3月19日 (火) 11:06



    (出典 baseballking.jp)


    開幕2番に決定した阪神ドラフト1位近本光司外野手(24=大阪ガス)が好守を見せた。

    6回無死一塁。大和の中前打を捕り、一塁走者山本が三塁を狙うのを見ると、鋭い送球で刺した。矢野監督が「しっかりした強い送球で安定した送球は増えてきている」と成長を認めた。

    この日は1回に左前打を放つが、一塁でけん制死。「アンツーカーとか球場によって違う。勉強しながらやっていきます」と振り返った。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/19(火) 07:34:26.58

    近本の開幕スタメン決定的!! 阪神矢野燿大監督(50)が18日、ドラフト1位近本光司外野手(24=大阪ガス)を「開幕2番」で起用する方針を明かした。
    オープン戦は打率3割、5盗塁と奮闘。
    指揮官は昨秋のドラフト指名当初から2番プランを温めてきたが、結果でもぎ取った格好だ。
    03年リーグ優勝に貢献した「2番赤星」が理想型。
    打って走れる新人をポイントゲッター3番糸井の前に置き、破壊力アップをもくろむ。


      ◇    ◇    ◇

    10日後に迫る開幕を前に矢野阪神の攻撃パターンが決まった。開幕スタメンを目指してきたドラ1近本に“サクラサク”朗報だ。
    オープン戦も今日19日のDeNA戦(横浜)を含めて残り6試合。上位打線の構想を問われた矢野監督は自ら切り出した。

    「固定できるかなって、見えてきたなというのは、近本2番というのは俺のなかでは現状、そう思っている」

    近本は16年新人王の高山や17年20本塁打の中谷らと2月の沖縄・宜野座キャンプから中堅のレギュラー争いを繰り広げるなか奮戦。
    8試合連続の2番先発で期待に応えてきた。10日巨人戦は5回1死一塁で一ゴロも快足で併殺をまぬがれると二盗に成功。
    クリーンアップを迎える局面で、自慢の脚力を生かして2死一塁から2死二塁の好機を築いた。
    17日西武戦では3回無死一、二塁で三塁線に絶妙なセーフティーバントを決め、猛攻の端緒を開いた。

    指揮官は捕手目線で、近本の機動力を買う。「2番をある程度固定しているほうが、俺は考えやすい。俺がしたい、目指す野球は、2番が大事に思っている部分があって。いまのメンバーで考えたなかでは近本が一番、近い」と続けた。
    韋駄天(いだてん)なら犠打をせずに強攻しても併殺打が少なく、盗塁で得点圏に進めるし、次打者への配球も速球系が増えるなど、数多くの利点があるからだ。

    いかに得点力をアップさせるか。矢野監督が思い描くのは、3番糸井とのコンビだ。「現状は嘉男の前に走者を置いているのが俺ら捕手にとって嫌」と説明した。
    昨年10月中旬、就任会見で明かした手本は優勝した03年型打線だ。「理想は点を取って勝ちたい」。2番赤星と3番金本が得点源になった。
    同年、打率3割1分2厘、61盗塁の赤星憲広氏は、くしくも、近本が目標に掲げる名選手だ。

    矢野監督はドラフト翌日の指名あいさつ後も「自分の理想だけど2番は左がいい。足の速いヤツがいい。(近本は)そういう部分に合う気がする」と話していた。
    指揮官の腹案通りに躍動し「2番中堅」は決定的。第1関門をクリアし、本番に向かう。【酒井俊作】

    ▼近本が開幕戦に2番で先発出場すれば、阪神のドラフト入団では92年久慈照嘉が以来27年ぶり2人目。
    球界では昨年、ロッテ藤岡裕大とオリックス山足達也の2人が開幕戦でスタメン2番を勝ち取っている。
    なお現阪神の福留孝介は、中日に入団した99年の開幕戦に、2番打者として先発しデビューを果たした。

    ◆03年阪神上位打線 1番今岡、2番赤星、3番金本が絶妙のバランスで機能した。FA入団した金本は「調子の悪い時に、進塁打などでゲームメークできる面白みがある」と3番での出場を希望。
    2番に入った赤星は、続く金本が打席で走れるタイミングを尊重し、スタートが遅ければファウルで逃げるなど手助けを生かし盗塁を量産。61盗塁と、前年の26盗塁から倍増以上の数字を残し、3年連続のタイトルを獲得した。
    また1番に入った今岡は、3割4分の高打率で首位打者を獲得。2番赤星はチーム最多の24犠打を転がし、金本につなぐ役割も演じた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-03180707-nksports-base
    3/19(火) 6:59配信


    近本光司応援歌


    【【野球】阪神・近本 弱肩の汚名返上! 好打に加え送球でも見せた! 開幕戦2番が決定的!】の続きを読む


    履正社が甲子園練習 元阪神・関本氏の長男もプレー「素直にうれしい」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
    23日開幕の第91回選抜高校野球大会の甲子園練習が18日にスタートし、元阪神の関本賢太郎氏の長男で履正社の関本勇輔捕手(2年)もベンチ入りメンバーとして、 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    学校法人履正社(がっこうほうじんりせいしゃ)は、大阪府大阪市淀川区に本部を置く学校法人である。 履正社学園豊中中学校・履正社高等学校(大阪府豊中市) 履正社医療スポーツ専門学校(大阪市淀川区) 学校法人履正社 履正社医療スポーツ専門学校 履正社高等学校 履正社学園豊中中学校 履正社校友会 履正スイミングクラブ
    2キロバイト (91 語) - 2018年1月17日 (水) 07:47



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    23日開幕の第91回選抜高校野球大会の甲子園練習が18日にスタートし、元阪神の関本賢太郎氏の長男で履正社の関本勇輔捕手(2年)もベンチ入りメンバーとして、はつらつとした動きを見せた。

    「(父は)この球場で19年間やって、自分もこの球場でプレーしたいと思ってましたし、練習という形ですけどプレーできて素直にうれしいです」

    関本氏の引退セレモニーで甲子園に足を踏み入れた経験があったものの、この日のように、練習とは言え甲子園で野球をプレーしたのは初めてのこと。「少しずつですけど、お父さんに近づけたかなと思います」と笑顔を見せた。

    チームには主将の野口海音捕手(3年)という絶対的な存在がいる。「僕はまだキャッチャーとして試合運びというのができないので。ピッチャーを支えるというのがまだまだ高校のレベルに達してないと思うので、そういうところもしっかりしていかないと」。準備を怠ることなく、練習に取り組んでいく。

    1 名無しさん@実況は実況板で :2019/03/15(金) 10:29:39.31

    去年の大阪桐蔭でも星稜には勝てないと思う。


    【【野球】履正社・元阪神、関本賢太郎の長男 勇輔(2年)も練習「素直にうれしい」】の続きを読む


    中谷 (なかたに じん、1979年5月5日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手(捕手)、高校野球指導者。 智辯学園和歌山高等学校の出身で、現役引退後の2017年度からは、職員として同校に復帰。復帰後は、硬式野球部の専任コーチを経て、2018年8月24日から同部の監督を務める。
    23キロバイト (2,791 語) - 2019年1月26日 (土) 15:11



    (出典 www.sankei.com)


    第91回選抜高校野球大会(23日開幕)の出場校による甲子園練習が18日、始まった。

    前回準優勝の智弁和歌山はトップで登場。OBで阪神などでプレーした中谷仁監督(39)は監督として初めて甲子園の土を踏み、甲子園歴代最多68勝の高嶋仁前監督(72)を踏襲して30分間全てを守備にあてた。八戸学院光星(青森)など全5校が汗を流した。

    智弁カラーの朱色のユニホームに袖を通した中谷監督が指揮官として甲子園に立った。

    「思ったより人が見ている。ノックが下手なのがばれます」。途中、ノックを打ち損じて選手の笑いを誘うほのぼのとした場面も。「僕は(2軍の)鳴尾浜の方がホームグラウンドでしたが」。

    元阪神選手として自虐ネタをかましながら「打球音、声の響き、やはりすばらしいグラウンドだなと思いました」と聖地の雰囲気を懐かしんだ。

    97年夏に智弁和歌山で全国制覇した時の主将で、昨年8月から指揮を執る。チームの根底には高嶋前監督のイズムが今も息づく。

    名将時代と同じく中谷監督の甲子園練習も打撃を行わず守備のみだった。「高嶋さんの教えを大事にしている部分もあります。時間も30分しかないので、(打撃と)どちらをとるかといったら守備かなと」。

    今でこそ強打のイメージが強いが元々は守備を磨き、甲子園にたどり着いたチーム。原点は昔から変わらない。

    12 名無しさん@恐縮です :2019/03/15(金) 18:32:11.49

    高嶋から変わって、どういうチームにしたかは関心がある


    【【野球】元阪神の智弁和歌山・中谷仁監督が懐かしい聖地に帰還「僕は甲子園より鳴尾浜・・・」】の続きを読む


    西 (にし ゆうき、1990年11月10日 - )は、阪神タイガースに所属する三重県三重郡菰野町出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。 三重県立菰野高等学校では2年生の時からエースとして活躍。2年夏の選手権三重大会では、三重県立宇治山田商業高等学校と決勝で対戦するが、中井大介にバックスクリーン
    38キロバイト (4,719 語) - 2019年3月16日 (土) 06:50



    (出典 www.hochi.co.jp)


    開幕3戦目は任せろ!
    阪神西勇輝投手(28=オリックス)が「山賊斬り」で上々のリハーサルを行った。

    17日に西武とのオープン戦(甲子園)に先発し、5回4安打1失点(自責点0)と安定した投球を見せた。

    「どういう球でストライクを取るか。普段投げない変化球も投げたかった」。スライダーにカーブやスプリットを効果的に使い、強力打線相手に凡打の山を築いた。

    5回無死一塁から7番栗山を打ち取るも、二塁へ自ら悪送球。ピンチを広げたが、最少の1失点で切り抜けた。

    「自分がした重大さをしっかり受け止めて、この1週間自分なりに考えて練習していきたい」。
    好投に浮かれず、反省は忘れなかった。

    前回の巨人戦を合わせ、甲子園では2戦で計8回を自責点0。移籍間もないが、早くも本拠地のマウンドになじんでいる。

    1 ひかり ★ :2019/03/17(日) 16:42:02.98

     「オープン戦、阪神7-3西武」(17日、甲子園球場)

     阪神が今年の本拠地初勝利を飾った。

     甲子園でのオープン戦は、この日がラスト。今年の聖地初白星を狙う阪神が西武のドラ1ルーキー・松本航を打ち込み、オープン戦3勝目を挙げた。

     三回に新人右腕に襲いかかる。連続四球で無死一、二塁とすると、続く阪神のドラ1ルーキー・近本が三塁前にバント。快足を生かしてこれをヒットにし、
    無死満塁にチャンスを広げた。糸井のセンターへの犠飛でまず1点。さらに大山が三遊間を破る左前適時打で1点を追加する。

     そして打席には1打席目で左中間への二塁打を放っている福留。139キロのストレートを完璧に捉えると、打った瞬間、それと分かる3ランホームランを
    右翼スタンドへたたき込んだ。これで5点をリード。さらに二死満塁から、絶好調ルーキー・木浪が会心の当たりを右前に運び、2点適時打!この回、
    一挙7得点のビッグイニングとなった。

     投げては先発の西が5回4安打1失点と上々の内容。その後は能見が1回無失点。桑原が金子侑に2ランを浴びて1回2失点だったが、八回から
    ジョンソン-ドリスが締めて快勝した。

     DeNAが勝利したため、オープン戦最下位脱出こそならなかったが、今年の甲子園初勝利で勢いに乗って19日からの関東3連戦に向かう。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000117-dal-base


    【【野球】阪神・西 勇輝 山賊相手に5回1失点 開幕へ不安無し】の続きを読む


    木浪 聖也(きなみ せいや、1994年6月15日 - )は、阪神タイガースに所属する青森県青森市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。 青森市立篠田小学校1年時に、軟式野球チームの「安田ヤンヤン少年野球チーム」へ入団し野球を始め、青森山田中学校時代は同校の硬式野球部に所属。
    9キロバイト (919 語) - 2019年3月14日 (木) 23:56



    (出典 portal.st-img.jp)


    阪神のドラフト3位木浪聖也内野手(24=ホンダ)が、オープン戦の球団新人最多安打(80年以降)更新を射程圏内にとらえた。

    西武戦で4度目のマルチ安打をマークし、通算安打数は04年鳥谷に並ぶ15本に到達。

    16年高山の球団新人最多17本に残り2本に迫り、開幕1番にも大きく前進した。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/17(日) 16:44:06.50

    <オープン戦:阪神-西武>◇17日◇甲子園

    阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)が追加点のタイムリーを放ち、ビッグイニングを呼んだ。

    3回、大山の適時打、福留の3ランなどで5得点し、なおも続いた2死満塁のチャンス。木浪は内角高めのチェンジアップを振り抜き、右前2点適時二塁打を放った。
    二塁に到達すると、ベンチに向かって笑顔でガッツポーズ。ベンチの矢野燿大監督(50)らも、ガッツポーズで返した。

    5回の第4打席でも右前打を放ち、木浪はこれでオープン戦15安打。阪神ルーキーのオープン戦最多安打も射程圏内にとらえた。
    現在の最多安打は、16年高山の17本。01年沖原の16本、04年鳥谷の15本と続く。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-03170358-nksports-base
    3/17(日) 14:48配信


    【【野球】阪神・木浪 またマルチでOP戦15安打! 阪神新人のOP戦最多安打が見えた 3打数2安打2打点 .441 0本 7打点】の続きを読む

    このページのトップヘ